トップページ > お役立ち情報コラム > クッキング

お役立ち情報コラム

クッキング(2019年4月)

タケノコ 【春を告げる山菜の王様】




今月の朝ごはん  ~おいしく食べて今日もスタート~




朝ごはんの献立  

 ・アサリと菜の花の中華がゆ

 ・新タマネギとワカメのサラダ

 ・生のりのだし巻き卵

 ・フキとレンコンのきんぴら 【レシピ1】

 ・たけのこ酢豚 【レシピ2】

 ・カブと黄ニンジンのピクルス

 ・イチゴ

 

【レシピ1】フキとレンコンのきんぴら

 材料(2人分)】

 ・レンコン…200

 ・フキ…1

 ・輪切り唐辛子…適宜

 ・ごま油…小さじ1

 〈合わせ調味料〉

 ・しょうゆ…小さじ5

 ・砂糖…大さじ11/2

 ・料理酒…小さじ2

 

作り方

1)レンコンは皮をむき縦割りで1/4に切り、さらに厚さ1cmほどに切って水にさらす。

2)フキは塩でこすり3cmほどに切り、熱湯でさっとゆで冷水に落とす。

3)フライパンにごま油を入れ、(1)を中火でじっくりと炒め火を通し、(2)を入れさっと炒める。

4)(3)に合わせ調味料、輪切り唐辛子を入れ強火で、煮汁を絡めて出来上がり(煮汁がなくなるまで炒める)。

 

 

【レシピ2】たけのこ酢豚

材料(2人分)】

 ・タケノコ水煮…1

 ・豚バラスライス…6

 ・薄力粉…適宜

 ・塩・こしょう…適宜

 ・サラダ油…小さじ11/2

 〈合わせ調味料〉

 ・しょうゆ…大さじ2

 ・黒酢…大さじ2

 ・料理酒…大さじ2

 ・砂糖…大さじ2

 

作り方

1)タケノコは縦に6等分にして水にさらし、沸騰した湯で5分ほどゆでる(水煮の臭みを取るため)。

2)豚バラ肉を広げ、水気を切ったタケノコを置いて塩・こしょうをして手前から巻いて、薄力粉を薄くまぶす。

3)フライパンにサラダ油を入れ、(2)を入れ弱火で転がしながら火を通す。

4)(3)に合わせ調味料を入れ、煮汁を絡めて出来上がり。

 

  「キッチン晴人」のオーナーシェフ 永井智一(ながい ともかず)
1975年茨城県水戸市生まれ。高校卒業後、都内のすし店で修業後、帰郷し懐石料理を学ぶ。201312月に畑とつながるをコンセプトとした「キッチン晴人」をオープンし、地元農産物を生かした料理を提供中!

バックナンバーへ戻る