トップページ > お役立ち情報コラム > クッキング

お役立ち情報コラム

クッキング(2019年1月)

ダイコン 【消化吸収を助ける春の七草「スズシロ」】




楽しく料理ステップアップ

洋風ブリダイコン
材料(2人分)  


ブリ切り身(
2切れ)
ダイコン(1/4本)
トマト(1個)

バジル(3枚・パセリでも可)
おろしショウガ(小さじ1)
ショウガの皮(適宜)
コショウ(適宜)

煮汁】
 かつおだし(1と1/2カップ)
 しょうゆ(1/4カップ)
 みりん(1/4カップ)
 料理酒(1/4カップ)
 砂糖(大さじ2~3)

 

●作り方

1)ダイコンは厚さ1cmほどに切り、面取りし軟らかくなるまで下ゆでする。

2)ブリの切り身は沸騰した湯で霜降りにし、水に落とす。

3)鍋に煮汁の材料、下ゆでしたダイコン、霜降りにしたブリ、ショウガの皮を入れ、強火にかける。

4)煮汁が1/3ほどになったらさいの目に切ったトマト、バジル、おろしショウガを入れ、器に盛り付け、こしょうを掛けて出来上がり。

 point 煮汁の煮詰め加減、砂糖の分量はお好みで。


ダイコン飯
材料(3人分)    

米(2合)
ダイコン(10cmほど)
ニンジン(1/4本)
乾燥ひじき(大さじ1)

【合わせだし】
 かつおだし(3/4カップ)
 薄口しょうゆ(小さじ2)
 みりん(小さじ2)
 料理酒(小さじ2)



●作り方

1)米をといで、ざるにあげておく。ダイコン・ニンジンはさいの目に、ひじきは水に漬けて戻しておく。

2)(1)の材料と合わせだしを炊飯器に入れ、炊き込みモードで炊き上げる。

3)炊き上がったら蒸らしてかき混ぜ、器に盛り付ける。

 point 炊き込みご飯を万能の合わせだしで、具材を変えていろいろ炊いてみましょう。


 「キッチン晴人」のオーナーシェフ 永井智一(ながい ともかず)
1975年茨城県水戸市生まれ。高校卒業後、都内のすし店で修業後、帰郷し懐石料理を学ぶ。201312月に畑とつながるをコンセプトとした「キッチン晴人」をオープンし、地元農産物を生かした料理を提供中!

バックナンバーへ戻る